Profile

宓 冬瑩(ミー・トンイン/ひつ・とうえい)
芸術学博士             

中国浙江省紹興市(文豪魯迅、書法聖地蘭亭の故郷)生まれ。
幼少より絵の手ほどきを受け、中国国立美術大学で中国画を専攻卒。
1999年来日。芸術学博士号を修得。
世界女画家理事会日本分会会長。米国国際現代彩墨研究総会日本分会会長。日本華人華僑文学芸術家連合会常務理事。中国人民対外友好協会中友国際芸術交流院研究員。
2007年、冬冬芸術文化交流協会設立。 http://www.midongying-art.com/
2008年、中国政府機関より「中日芸術交流大使」の称号を授与される。
宝塚造形芸術大学講師、近鉄文化サロン講師を経て、「凛墨画会」主宰。
正統的な中国水墨画から現代の感性による新しい作品まで、水墨画の真髄と魅力を一般に広めながら、これまでに国内外の美術館、寺院、画廊等で20回の個展を開催し、また数多くの国際展に招待出品、入賞。2010上海万博日本展示館での個展、奈良平城遷都1300年祭水墨画パフォーマンス披露(2010年)、近年は、北京芸術博物館、中国美術館、北京恭王府と続けて大きな展覧会を開催するなど、現代画家として第一線で活躍中。

作品収蔵
金津創作の森ミュージアム
越前市卯立の和紙工芸館
イタリアPerugia大学
中国駐大阪総領事館
中国対外人民友好協会友誼館

収録:『中国当代書画名家作品集』、『越中名人譜』(中国)。

著書
『一冊でデッサンをマスター』(2008年)
『凛・宓冬瑩墨彩画作品集』(2008年)
『澄・宓冬瑩墨彩画作品集』(2009年)
『燦・宓冬瑩墨彩画作品集』(2010年)
『水墨画必携お手本/水墨画の小径/四君子①梅』(2011年)
『同/四君子②蘭』(2011年)
『同/四君子③竹』(2011年)
『同/鳥』(2011年)
『同/四君子④菊』(2012年)
『同/野菜』(2013年)
『同/果物』(2013年)
『同/季節の花1』(2013年)
『同/季節の花2』(2013年)
『墨彩意象・宓冬瑩作品集』(2015年)
『問石聽花-宓冬瑩彩墨物語』(2016年)

 

<個展>

2000年06月 兵庫県西宮市/ギャラリーストラッセ個展(第1回)
2000年09月 富山県福光町/福光公民館個展(第2回)
2000年11月 兵庫県芦屋市/国際センター個展(第3回)
2002年04月 富山県福光町/福光公民館個展(第4回)
2002年10月 神戸/フェリシモ美術館[日中韓三国志]現代美術三人展
2003年05月 大阪市/LADSギャラリー三人展
2004年06月 兵庫県西宮市/ギャラリー雛個展(第5回)
2005年03月 富山県/南砺市公民館個展(第6回)
2005年07月 福井県越前市/和紙工芸館個展(第7回)
2005年09月 東京銀座/聚友画廊個展(第8回)
2006年05月 大阪市/LADSギャラリー個展(第9回)
2006年06月 福井県/金津創作の森美術館《100メートルの龍》個展(第10回)
2007年03月 富山県/南砺市公民館《100メートルの龍》個展と現場制作(第11回)
2007年05月 大阪市/LADSギャラリー個展(第12回)
2008年07月   京都市/法然院《墨・彩の競演》二人展
2008年11月 大阪市/近鉄百貨店美術画廊「宓冬瑩墨彩の世界」個展(第13回)
2009年09月 中国建国60周年記念「日本芸術活動10周年北京個展」中日青年友好交流センター「橋」画廊(第14回)
2010年07月 中国上海世博日本商品館「日本花鳥風月画家宓冬瑩個展」(第15回)
2010年07月    中国上海証大現代芸術館「日本花鳥風月画家宓冬瑩個展」(第16回)
2011年10月 兵庫県西宮市/ギャラリー雛個展(第17回)                      2011年10月 中国山西省汾陽市図書館「旅日画家宓冬瑩個展」(第18回)
2015年7〜8月 北京藝術博物館「“墨彩意象”宓冬瑩個展」(第19回)
2016年10月 北京恭王府「“問石聽花”-宓冬瑩彩墨物語」個展(第20回)
2017年5月 阪急うめだ本店美術画廊「“問石聽花”ミー・トンイン現代絵画展」個展(第21回)予定
 

<主な展覧会>

1996      [全国蘭亭青年書画展]<銀賞>(紹興蘭亭/中国)

1997-1999[浙江省美術展](浙江省展覧館/中国)

2001      [AU国際芸術展] <金賞>(兵庫県立近代美術館/日本)

2001      [第20回今立現代美術紙展]<学院賞>(いまだて芸術館/日本)

2002      [2002仙台現代芸術展]<FELISSIMO美術館賞>(仙台市現代美術館/日本)

2003      [ベニス国際AU芸術ビエンナーレ展](イタリア)

2005      [宓冬瑩屏風画公開制作・個展](越前和紙百年工芸美術館/日本・福井)

2005      [世界平和60周年記念 日中現代女流画家特選展 東京·北京巡回展]

(日中友好会館/日本東京,全国対外人民友好協会友誼館/中国北京)

2005      [上海芸術博覧会2005 ](上海世界貿易展示館特別展/中国)

2006      [宓冬瑩「100メートルの龍」全卷展示・個展](金津の森美術館/日本・福井)

2006      [東京芸術博覧会2006](東京国際展示館/日本)

2006   [第11回中日経済論壇会開幕式]「中国の龍」6曲金屏風水墨デモンストレーション(中国浙江)

2006      [日中現代芸術展]<企画と出展>(中国対外人民友好協会展ホール/中国)

2007   [日中国交正常化35周年日中書画精品展日中巡回展] <企画と出展>

(北京中華世紀壇・中国)/ 神戸市民ギャラリー・日本)

2008   [世界女流画家ビエンナーレ展](中国美術館/中国・北京)

2008      [墨彩の競演・日中書家画家二人展](京都法然院/日本)

2008      [旅、詩情・宓冬瑩個展](大阪近鉄百貨店美術画廊/日本)

2009      [世界100傑出画家展](ペナン美術館/マレーシア)

2009      建国60周年記念[宓冬瑩旅日芸術活動10周年北京個展]

(中日青年友好交流センター橋画廊/中国・北京)

2010      平城遷都1300年祭中国ウイーク開幕式水墨デモンストレーション(日 本)

[世紀之光-国際芸術家25人展](上海外灘芸術館/中国)

2010      [世界女流画家ビエンナーレ展](ポートランド美術館/アメリカ)

2010     [日本花鳥風月宓冬瑩個展](上海万国博覧会日本商品館/中国)

2012      [世界女流画家ビエンナーレ展](ホーチミン市美術館/越南)

2013      [書と非書-日中新鋭書画家選抜展]<企画と出展>(京都文化博物館/日本)

2013      [書と非書-日中現代書画家名人展]<協力と出展>(東京中国文化センター/日本)

2014      [世界女流画家ビエンナーレ展](モンゴル現代美術館/モンゴル・ウランバートル)

2014      [第1回海峡两岸現代名人書画展]<特別招待出展>(圓山飯店美術展ホール/台湾・台北)

2015   [墨彩意象・宓冬瑩個展](北京芸術博物館/中国)

2015   [夢、東方より来たる—東京新画派展](中国美術館/中国・北京)

2016 [世界女流画家ビエンナーレ展](高雄芸術センター/台湾・高雄)

2016 [問石聽花-宓冬瑩彩墨物語個展](恭王府/北京・中国)
 

<水墨画パフォーマンス>


1. 2005年7月、個展及び襖画公開制作(卯立の和紙工芸館/福井県越前市)

2. 2006年6月、「ミー・トンイン100メートルの龍」展オープニングで三味線名人芳村竹世志とのコラボレーション(金津創作の森ミュージアム/福井県)

3.  2006年10月、「第11回中日経済論壇会」の開幕式で三味線とのコラボレーション。金屏風に龍を描く。(中国浙江省)

4. 2007年9月、聖トマス大学学園祭。牡丹に龍。(聖トマス大学/兵庫県尼崎市)

5. 2007年10月、第1回中国文化芸術祭で波を越える龍を描く。(大阪国際交流センターホール/大阪市)

6.     2008年7月、 “詩琴画意”水墨コンサートで伍芳(古箏)とのコラボレーション。蓮と龍を描く。(兵庫県西宮市)

7.     2010年5月、奈良平城遷都1300年祭中国ウィーク開幕式で古箏奏者伍芳、和太鼓奏者松村公彦とのコラボレーションで牡丹と龍を大屏風に描く。(奈良県奈良市)

8. 2011年3月、中国駐大阪総領事館で国際婦人デーの集いで琵琶奏家蘇曹娟と水墨画の競演。雪中の梅を描くパフォーマンス(大阪市)

9.  2011年6月、女優中野良子の源氏物語「若紫」朗読とのコラボレーション。藤花と燕を描く。(舞子ビラ/神戸市)

10.2012年11月、释迦牟尼佛頌(コンサート)書家傅巍と水墨画の共演。蓮を描くパフォーマンス(奈良郡山ホール)

<Chinese>

首位日本现代造形艺术专业女博士
现任世界女画家理事会日本分会会长
日本中国文学艺术家联合会常务理事
中国人民对外友好协会中友国际艺术交流院研究员
台湾太鲁阁日升月华文创中心艺术总监
冬冬艺术文化交流协会会长
出生在鲁迅故里绍兴。自幼酷爱艺术,长期勤奋研习中国画,尤擅长没骨写意花鸟,风景及现代造形艺术创作。就读于中国美术学院国画花鸟专业,99年留学日本。05年在日本宝冢造形艺术大学获现代造形艺术专业博士学位,同年留校任教。跟随世界四大现代艺术大师岛本昭三教授研究现代造形艺术,得到日本艺术理论权威田渊晋也教授的亲自指导。在精研古法的基础上不断摸索和开拓新的艺术绘画理念,创造崭新的现代派中国画风格。
在各国美术馆,寺院,画廊举办数十次个展。多次入选国际性的大展并获奖。作品被日本,意大利等著名美术馆收藏。日本朝日新闻,读卖新闻,NHK电视台,美术杂志,华文时报,中国国际电台,中央电视台专题采访报道过宓冬莹的艺术成就和作品。
2006年,在日本金津森林美术馆举办的宓冬莹百米长龙个人画展。100米形态迥异气吞山河的水墨群龙长卷,创下了该美术馆的入场记录。
2007年成立「冬冬艺术文化交流协会」。
2008年被授予「中日艺术交流大使」称号。
2009年受马兰西亚政府邀请参加世界百杰艺术家展。
2010年受邀上海世界博览会日本展览馆,成为唯一的中国女画家。
2015 年7月「宓冬莹墨彩意象个展」在中国著名博物馆,享有京西小故宫之誉的北京艺术博物馆成功举办
2015年10月「梦从东方来」作为旅日画家代表东京新画派展-在中国美术最高殿堂中国美术馆展出。
2016年10月 「問石聽花-宓冬瑩彩墨物語个展」恭王府艺术沙龙

〈主要获奖·展览〉​
1996 [全国兰亭青年书画展] 银奖-绍兴兰亭(中国)
1997-1999[浙江省美术展]连续入选-浙江省展览馆(中国)
2001 [AU国际艺术展] 金奖-兵库县立近代美术馆(日本)
2001 [第20届今立现代美术纸展]学院奖(日本今立美术馆)
2002 [2002仙台现代艺术展]FELISSIMO美术馆奖(日本仙台现代美术馆)
2003 [威尼斯国际AU艺术双年展]入选(意大利)
2005 [宓冬莹屏障画创作公开演示暨个展]-(日本福井越前和纸百年工艺美术馆 )
〃 [世界和平60周年纪念日中现代女画家特选展-东京·北京巡展]- 东京日中友好会馆,北京全国对外人民友好协会友谊馆(日本/中国)
〃 [上海艺术博览会2005 ]-上海世界贸易展示馆特邀参展(中国)
2006 [宓冬莹-百米长龙全卷展示暨个展]-福井金津森林美术馆(日本)
〃 [东京艺术博览会2006]-东京国际展示馆(日本)
〃    [第11届中日经济论坛会开幕式]庆典-特邀作[中国龙]6曲金屏现场水墨表演(中国浙江)
〃 [中日现代艺术展]-中国对外人民友好协会展厅策展/参展(中国)
2007 [中日国交正常化35周年中日书画精品展中日巡展]
北京中华世纪坛/神户市政府画廊策展/参展(中国/日本)
2008 [世界女画家双年展]-中国美术馆(中国)
〃 [墨/彩的竞演中日俊英书家画家双人展]-京都近千年古刹法然院(日本)
〃 [旅途诗情宓冬莹个展]-大阪近铁百货大楼画廊(日本)
2009 [世界100杰出画家展]-槟城展览馆(马兰西亚)
〃 建国60周年纪念[宓冬莹旅日艺术活动10周年北京个展]
中日青年友好交流中心–桥画廊(中国)
2010 奈良迁都1300周年暨上海世博中国周开幕式特邀水墨现场表演(日本)
2010 [世纪之光-国际艺术家25人联展]-上海外滩艺术馆(中国)
〃 [世界女画家双年展]-波兰特美术馆(美国)
〃 [日本花鸟风月宓冬莹个展]-上海世界博览会日本商品馆(中国)
2012 [世界女画家双年展]-胡志明市美术馆(越南)
2013 [书与非书-日中新锐书画家选拔展]策展/参展-京都文化博物馆(日本)
〃 [书与非书-中日现代书画名人展]协力/参展-东京中国文化中心(日本)
2014 [世界女画家双年展]-蒙古当代美术馆(蒙古)
〃 [首届海峡两岸当代名人书画展]特邀展出-圆山饭店美术展厅(台湾)
2015 [宓冬莹墨彩意象展] – 北京艺术博物馆(中国)
〃 [梦从东方来-旅日代表画家东京新画派展] -中国美术馆(中国)
2016 [世界女画家双年展]-高雄艺术中心(台湾)
〃 [問石聽花-宓冬瑩彩墨物語个展] – 恭王府艺术沙龙





〈编著〉
《素描成功手册》2008 〔※被日本美术大学教科书采用〕
《凛・宓冬莹墨彩画作品集》2008
《澄・宓冬莹墨彩画作品集》2009
《燦・宓冬莹墨彩画作品集》2010
《水墨画之小径・水墨画必携范本》10册(2011-2014年)
《墨彩意象・宓冬莹作品集》2015
《問石聽花-宓冬瑩彩墨物語》2016




English



Dr. Mi Dongying http://www.midongying-art.com/ 

Board of International Women Artists Council (INWAC): Japanese branch Managing director of Japanese Chinese Immigrant Overseas Chinese Literature Artist Society;Founder and president of TONTON Art Cultural Exchange Association, and RINBOKUGAJYUKU Academy School of Chinese Painting;

A title called the “Art Exchange Ambassador between China and Japan” was granted by the Chinese government organization in 2008;A special invitation painter of China Friendship Art Exchange Association;

I have various power of expression from a traditional Chinese drawing to a new drawing by the modern sensitivity of Japanese. Private exhibition at Japanese pavilion in Shanghai Expo. 2010,Nara commemorative events for the 1300th Anniversary of Nara Heijokyo Capital drawing performance show (2010) etc., I’m playing an active part all over the world staying in Japan.Private exhibitions at domestic and foreign art museums, temples, And art galleries.(19 times)Great Number of exhibitions, prize in international exhibitions.

<Education>:Zhejiang Educational University, China, Major: Art and Education;China Academy of Art, China, Major: Chinese Painting;Takarazuka University of Art and Design, Japan, Major: Art and Design.Ph.D in science of Arts obtained at Takarazuka University of Art and Design, Japan 2005;

 





 

 

 

コメントは受け付けていません。